渋谷で転んだ怪我をクリニックで診てもらう長所と短所

バナー

渋谷で転んだ怪我をクリニックで診てもらう長所と短所

渋谷で転んだ怪我をクリニックで診てもらうと、消毒してもらえる、骨に異常があるか調べてくれるなどの長所があります。

渋谷で転んだ時に擦り剥いた部分を見せると、ガーゼに消毒薬をつけて消毒してくれます。消毒液が怪我の部分に付着すると、痛みに近い感覚が引き起こされるので注意です。
ただ、数十秒ほど我慢すれば徐々に消えていくので大丈夫です。


その後は、怪我をした状況について詳しく聞いてきますので、正しく伝えましょう。


転び方がひどいと判断した時は、クリニックの医師が骨に異常がないか調べてくれます。

骨にあたる部分に手の平を置いて、軽く叩くような動作をすると思われます。

骨に何かあった際は、きつい痛みが走るので判断の材料になります。

逆に痛みがない時は、骨に異常がないと判断できるため安心して良いです。

短所は渋谷からクリニックまで、怪我した部分をかばいながら移動するのがきついことです。


距離が近いのなら、歩いてゆっくりと移動をすれば何とかなると思われます。

ですが、クリニックまで距離が離れている場合は、何らかの移動手段が必要です。



携帯電話でタクシー会社に連絡を入れて、タクシーを呼ぶのも悪くないです。
その時は、渋谷内のどこにいるのか、または現在地を正しく知るための目印を教えないといけないです。

渋谷のクリニックの情報がてんこ盛りのサイトです。

目印に便利なのは、何らかのお店の名前や変わった形の看板などです。



それらを正しく伝えれば、タクシーはすぐにやってきてくれます。

Copyright (C) 2016 渋谷で転んだ怪我をクリニックで診てもらう長所と短所 All Rights Reserved.